シェアハウスの探し方とポイント

Working Holiday

 

こんにちは、31歳でオーストラリアにギリホリしたminです。

ワーホリではシェアハウスに滞在する人が多いと思います。

わたしは初めの2ヶ月間は留学エージェントと契約していたシェアハウスに滞在していました。

3ヶ月目から自分で住むところを探し、引っ越しました。

 

こちらの記事【ワーホリ渡豪後、3週間で仕事見つけた】でオーストラリアではワーホリ・留学による入国者が増え、仕事探しが大変になっていることをシェアしました。

家探しでも同じ状況で空きが1%以下と言われていました。

  • シェアハウスの探し方
  • 探す時のポイント

シェアハウスを探している人、これから探す人の参考になるように、

この2点についてシェアしていきます。

 

まずはシェアハウスの探し方です。

  • 現地サイト、アプリ(日豪プレス、Gumtree、Flatmatesなど)
  • 友人、クラスメイトの紹介

主にこの2つです。

 

現地の日本人向けのサイトもあるので、英語に自信のない人でも安心して利用できます。

アプリでは住みたい場所や家賃などの条件を入れて検索できるので便利です。

また、友人に部屋探しをしていることを話しておけば、タイミング次第ですが部屋が空く時に紹介てもらえることもあります。

 

次にシェアハウス探しのポイントです

① 住みたい地域、部屋のタイプ、予算など条件を決めましょう。

部屋のタイプはザッとこんな感じです。

 

② すべて希望通りは難しいので優先順位を決めましょう。

立地、予算、綺麗さ、防犯性、自分だけのスペースが欲しいのか、外国人と住みたいのかどうか、などです。

 

入居したい日の約1ヶ月前から探し始めましょう。

仕事探しと同様にメッセージを送っても返ってこないことはよくあります。

あまりギリギリだと住むところがなくなるリスクがあります。

逆に早すぎても決まりにくいです。

オーナーは入居者が途切れないようにしたいので、早すぎると自分よりも早く入居する人が優先されてしまいます。

入居日が少し先でも良いと言ってくれる場合もあります。

 

④ 家を決める前には必ず内見(インスペクション)をしましょう

インスペクションで確認すること

  • ハウスメイトがどんな人か(国籍、性別、生活リズムなど)
  • 光熱費・インターネット代が込みなのか、別途必要なのか
  • 家、部屋のルール(掃除当番や共用品の有無、シャワーの時間、洗濯回数など)
  • ミニマム(最低滞在期間)は何ヶ月か
  • ボンド(退去時に返金される保証金)はいくらか
  • もしミニマム期間内に退去した場合、ボンドが返ってくるかどうか
  • 退去時はどのくらい前にオーナーに通知しなければならないか

 

ちなみにわたしの場合は

部屋は2人シェア、キッチン・バスルーム・リビングは4人シェアでした。

facebookの投稿で見つけました。

立地はかなり良かったのですが、シティだったので部屋は狭かったです。

常にベッドの上にいました(笑)

初めはオウンルームを探していましたがシティだとレント(家賃)が高すぎたので諦めました。

シェアメイトもわたしもお互いバイトで家を空けることが多く、1人の時間もある程度ありました。

シェアメイトとは一緒に出かけることもありました。

適度に1人の時間があって、気が合うシェアメイトと過ごす時間もあって楽しいシェアハウス生活が送れました。

オウンルームだったら、話し相手がいなくて寂しかったかもしれません。

他人と住むことに変わりはないので、もちろん気を遣うこともあります。

それもまた、経験だと思います。

 

そして最後に、⑤ 詐欺には気をつけてください!!!

必ずインスペクションをして、契約を確認してください。

 

ワーホリが充実する、素敵なお家が見つかりますように。

わたしの経験が少しでも役に立つと幸いです。