英語力ゼロでワーホリを楽しむコツ

Working Holiday

 

 

こんにちは、31歳でオーストラリアにギリホリしたminです。

ワーホリに行くけど、どのくらいの英語力があればいい?

英語喋れないけど、ワーホリに行っても大丈夫?

と不安な人も多いと思います。

 

結論から言うと、

ここまでできたらいいという基準はなく、喋れれば喋れるだけいい!

同時に喋れなくても自分次第でワーホリを充実させることはできる!

これがわたしの答えです。

 

ワーホリを経験して、英語は出来た方がいい、これは間違いありません。

でも英語ができないならワーホリやめとけ!とも思いません。

英語力がないままにワーホリ来てしまった!、
これからワーホリに行くけど勉強時間が足りない!と言う人もいると思います。

英語力ほぼゼロのわたしがワーホリで感じたことをシェアします。

 

参考までにわたしの英語力についてです。

謙遜なしにその辺の日本人レベルです(笑)

ワーホリ前に勉強して行く気もありませんでした。

 

わたしが思う、英語ができない人がワーホリを充実させるポイントは

  • 英語を頑張りすぎないこと
  • 英語ができないからと内向的にならないこと

 

① 英語を頑張りすぎないこと

ワーホリに来て、思った以上に喋れなくて勉強をしてくれば良かったと後悔しても
すぐにペラペラになれるわけではありません。

焦って英語を習得しようと

  • 部屋にこもって1人で英語の勉強
  • 日本人、日本語を避けすぎる

こういった行動を取りがちです。

1人で部屋で学校の授業の予習・復習をしたり、インプットの時間も必要だと思います。

しかし、海外にいるのにずっと1人でいるのはもったいないです。

せっかくワーホリに来ているので外国人の友達をつくって出かけたり、日本人のいないお店で働いて生身の英語に触れましょう。

それが1番早い習得法であることは間違いありません。

過度に日本人・日本語を避けすぎてしまうと辛くなる時もあります。

特に英語がスッと出てこないレベルの人間がずっと英語環境、英語脳だと本っっ当に疲れます。

長期滞在だと英語に向き合うメンタルにも波があるはずです。

頑張りすぎないこともワーホリを楽しむコツです。

 

 

② 英語ができないからと内向的にならないこと

ワーホリを楽しむには、とにかく行動することです。

行動して、いろんな人と関わって英語も出来ないなりに喋ってワーホリでしかできない経験をたくさんしましょう。

英語は喋ろうとしなければ、喋れるようにはなりません。

間違えてもどんどん喋る、このスタンスが大切です。

誰でも初めから流暢には話せません。

完璧に喋ることもできません。

英語力のレベルに関係なく、言語の壁にぶつかる人は多いと思います。

でも、そのうち早すぎて聞き取れなかった英語が聞けるように、上手く伝えられなかったことが伝えられるようになります。

最初はできなくても伝えようとする気持ちが大切です。

 

 

拙い英語でもコミュニケーションが取れれば嬉しいし、楽しいです。

だから、英語ができなくてもワーホリは楽しいです

英語力の伸びを感じるようになれば、もっと楽しいです。

 

 

最後に、ワーホリ・留学経験者の大半は日本にいる時にもっと勉強しておけば良かった!と言っているので100%しておいた方がいいのは間違いないです(笑)

 

 

充実したワーホリになりますように。

わたしの経験が少しでも役に立てば幸いです。